2019年今年の楽天は一味違う。特に浅村栄斗選手の加入はデカイ!

石井一久氏がGMになった事の影響力。

画像引用元https://www.asahi.com

2019年の楽天は、昨年とは全く違う結果になるでしょう。

昨年の2018年は、あまりの成績不振により、6月という

異例と言えるほど早い時期に、梨田昌孝監督が辞任。

辞任時点で21勝41敗で最下位という成績でしたので、

事実上は解任とも言える形での辞任でした。

スポンサーリンク

そんな梨田監督のいきなりの辞任もあり、一時は選手も

奮起したものの前半の低迷が最後まで響き、5位のロッテ

とは僅か1ゲーム差まで詰め寄るも結果は最下位で最終戦を終えました。

最終成績は、58勝82敗で2位のソフトバンクとすっかり

勝敗を交互にした不甲斐ない一年でした。

しかし、この成績低迷を受け、9月1日に元ヤクルトスワローズの投手で

その後ドジャース、メッツ、ヤクルト、西武と渡り歩いた石井一久氏が

楽天のゼネラルマネージャーに就任しました。

ゼネラルマネージャーと言えば、前楽天の監督を務められた星野仙一氏の

名前がありますが、昨年の1月に惜しくも亡くなられましたので、石井氏が

その後任という形になりました。

星野氏の2代目として、楽天の顔となった石井氏ですが、この事が

2019年の今年から活きてくるきっかけとなりそうです。

石井氏と言えば、つい5年ほど前までは選手として西武でプレーを

していました。TVでは、ひょうきんなイメージがある石井氏ですが

、彼が冗談交じりに話す言葉とは、裏腹に選手として、どれだけ野球人

として向き合って来たか、その成績を見れば一目瞭然です。

そして、後輩選手に対しても、石井氏の性格を考えれば、真面目で厳しくも

時には冗談を言って笑わせる独特な緊張と緩和の両面を上手く使える

選手だったに違いありません。

そうであるからこそ、後輩選手からの人望も厚かったに違いありません。

それが引退して、ゼネラルマネージャーになった今活きて来ています。

スポンサーリンク

浅村選手以外にも素晴らしい選手が続々。

画像引用元https://www.sankei.com

今年から新たに楽天には、1軍でバリバリ活躍していた投手の

(佐藤)由規選手や広島からトレードでやってきた福井優也選手も加入。

そこにエースの則本昂大投手や岸孝之投手もいますからね。

あと、昨年はイマイチでしたが、美馬投手も2016年2017年と

まずまずの成績を上げていますからね。今年こそはと燃えているでしょう。

特に由規選手は、久しぶりの仙台凱旋で仙台育英時代を思い出して

もう一度奮起してほしい所です。岸投手という素晴らしい先輩に

触発されて、頑張って欲しい所です。

福井投手も、今の常勝軍団の広島では、なかなか活躍の場に

恵まれなかったと思いますが、楽天で心機一転して頑張ってもらいたいです。

そして、何と言ってもデカイのは、今年から西武でバリバリ活躍

していた浅村栄斗選手が加入した事ですね。

4年で20億という大型契約ですが、実はソフトバンクは4年28億を

提示してきたそうです。

ですが、そちらを断り楽天に来てくれたのは、元西武で親交のあった

石井GMの力がどうやら大きかった模様です。

また昨年の西武から、今年古巣の楽天に戻って来た渡辺直人選手

の存在も浅村栄斗選手には大きかったようです。

そこには、石井GMの戦略もあったらしいですけどね。

まあ、あとは西武時代、ソフトバンクをずっとライバル視していた

事もあると思うので、ただでさえ強いチームに入って当たり前に優勝

出来ても面白くないと思った面もあるのかもしれないですね。

とにかく、この浅村選手の加入は、楽天の野手にも大きな影響を

与えると思います。

西武であれだけの成績を残した選手ですから、当然ですが

相当な練習と精神的にもタフな選手なはずで、現楽天選手は

見習う点が多い事でしょう。

特に一時は、スター選手の呼び名が高かったオコエ選手にも

響いてくれればと思います。

良い選手が加入すれば、間違いなく指揮は上がるでしょうし、

素晴らしい選手の足を引っ張るまいと他の選手も頑張るので

レベルの底上げにもなります。

定位置で安泰している選手では、常勝軍団は作れません。

きっと浅村選手は楽天に良い風を吹かせてくれると

期待しています。

スポンサーリンク

浅村選手の引退後をマネジメント?

画像引用元www.interest-all.com

そして、石井氏が昨年GMになったばかりで、今年だけで

あっという間に戦力がUPしたのですから、さらに来年再来年と

チーム力がどんどん上がって行きそうな感じがしますよね。

楽天がどんどん強い球団に生まれ変わってくれそうな気がして

ワクワク感が止まりません。

石井GMの存在がこれから楽天イーグルスを変えてくれると思います。

何でも石井氏は、現役スポーツ選手のマネジメントだけではなく、

引退後のスポーツ選手のマネジメントも考え、現役中に引退後の

人生設計を選手へアドバイスする事で、スポーツ界へ貢献したいという

志の高い目標があるようです。

確かにプロ野球選手時代は、億を稼ぎ出す選手も引退すれば、一気に

収入も仕事も変わってしまうわけですから、そこには不安があるわけで

その部分をサポートしてくれる人がいたら頼りにしたくなりますよね。

石井氏は、吉本興業の契約社員であり、そのマネージメントは

吉本興業のスポーツ部という事です。

つまり、吉本興業=芸能とは深いつながりがあり、石井氏と選手時代に

仲良くしておくと、吉本興業とのパイプ役にもなってくれる可能性が

あるわけで、引退後の世界も良い人生設計が出来るかもしれないわけです。

プロ野球選手も昔とは違い、縦の繋がりだけではなく、横の繋がりも

大切な時代と言えそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする