2020年8月2日(日)は土用の丑の日!ウナギを食べて夏を乗り切ろう!

令和2年8月2日は土用の丑の日!

画像引用元https://shokutuu.net

うなぎが食べたい。うなぎが食べたい。うなぎが食べたい。

とりあえず3回ほど連呼してみると、うなぎが食べたくなってきます。

あの香ばしいニオイと独特のタレが何とも言えない旨さを

引き立てて、ウナギの魅力をさらに増していく感じです。

そして、タレがしみ込んだご飯と共に一気に

口の中に入れると溢れんばかりの幸せがやってきます。

くぅ~ウマッ!最高!

何かこんな事を言ってると本当に食べたくなってきましたw

話は戻りまして、皆さんも、この季節に関わらず

頻繁に土用の丑の日という言葉を耳にすると

思います。

まあウナギの日だと言うのは、分かりましたが

そんな何回も食べるんですか?と思ってしまいますよね。

個人的には、ウナギが好きなので何回食べても

いいですけども、ハイ(笑)

そこでちょっと調べて見たのですが、どうやら

土用の丑の日は、年に5回~7回ほどあるようです。

その年によって回数は違うみたいですが、季節の変わり目

立夏・立秋・立冬・立春の直前の18日間を土用の期間と

呼ぶらしいです。

たまに土用の丑の日だから、土曜日じゃない?と勘違い

する人もいますが、(実は私w)土用と土曜は

全く関係ありません。

ちなみに2020年の今年の土用の丑の日は

7日あるようで、1月23日、4月16日、4月28日、

7月21日、8月2日、10月25日、11月6日

との事です。

もう4日は過ぎてしまいましたが、まだ3日あります。

是非この期間に、いや、まずは8月2日にウナギを食べましょう。

ウナギが夏バテ防止と言われるのはなぜ?

画像引用元https://www.stork-web.com

ウナギを食べるとスタミナがつくとか夏バテ防止になると

昔から言われています。

なぜそういう風に言われるようになったかですが、やはり

昔は現代のように、色んな食材やサプリなどもなかった事も

あり、余計ウナギに注目が集まったという事もあります。

なぜならば、ウナギには、ビタミンA、B1、B2、E、Dのほか、

カルシウム、鉄分、亜鉛、脂質(DHA、EPA)、コラーゲンなど、

栄養素が豊富に含まれているからです。

天然の食材から、これだけの栄養が取れると言うのは

中々ないですからね。

なので、これらの栄養素を持つウナギを食べれば、それはもう

元気になる事は間違いなしでしょう。

またウナギには、記述した通り、コラーゲンをはじめとする

美の栄養素が沢山含まれていますので、女性の方は積極的に

食べてみる事をおススメします。

これから梅雨が明け、いよいよ夏本番が到来します。

暑さに負けないようウナギパワーで、夏を乗り切りましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする