ガーシー砲!芸人の中にちょくちょくろくでもない奴が潜んでいる理由

先日ガーシーのとある発言を聞いて、だから芸人さんの中にちょくちょくろくでもない奴が潜んでいると理解しました。もちろん芸人さんに限定するのはおかしいのかもしれませんが、一般的に芸人さんと言えば、トーク力がありますよね。その自慢のトーク力を活かして多くの人に笑いを届けているわけです。しかし、一方でのそのトーク力の使い道を間違えると、、ガーシーも。

芸人の中にちょくちょくろくでもない奴が潜んでいる理由

ガーシーが以前インスタで物凄くタイプのカワイイ子を見つけ、紹介してもらった話があります。そして、いざその子に会える日となり、待ち合わせのカフェか何かでワクワクして待つガーシー。しかし、一向に彼女が来ないので、紹介者に全然来ないんだけどと聞くと、あの~もうガーシーさんの目の前にいますよと指を差した先には、インスタで見た子とは全くの別人。

えー!この子があのインスタの子?マジか、、これがいわゆるインスタ映えという奴なんですね。

その下りから、芸人さんでも誰でも話の中に1%以上の真実があってこそ、面白い話が出来るんだと熱く語るガーシー。それが0%では何も面白さが伝わらない。このインスタの子はまさに0%みたいな話をしていました。

しかし、この1%の真実を100%で話すという話術は、いわゆる詐欺師と言われる人たちが常用している手段でもあります。

これは、逆の言い方でしばしば言われ、100%と思われる嘘の中に1つくらい真実があるというのが、詐欺師だという内容から捜査とかしてますよね。例えば、結婚詐欺師を追い詰めるとかのTV番組なんかでも、詐欺師の話の中から真実を見つけ、相手の居場所を突き止めたりしています。

まあちょっと話が脱線してしまいましたが、ガーシーも手法としては似ていて、自慢のトーク力を活かして、やはりこれまでに何度か人を本意ではなくても、騙してしまった過去があります。

ですが、これはガーシーが1%の真実を100%で伝えられるトーク力があったから、騙されたわけで、普通の人ではなかなか出来うることではありません。

しかし、こういった事をさらりと出来てしまう人が一定数いる職業の人がいます。それがいわゆる芸人さんという職業ではないでしょうか。まあ営業マンの人も中には、凄いトーク力の人がいますけどね。

芸人にちょくちょくろくでもない奴が混ざっている理由

ただ、もちろん芸人さんの中でも素晴らしい人は沢山いますし、本当にろくでもない人というのはごく僅かなんだと思います。

要は、自分のトーク力というスキルを悪用するかしないかの話で、これは芸人さん個々の人間性の問題と言えます。

また芸人さんと言っても、色々な笑いの手法がありますので、皆がトーク力が高いということはないと思いますが、その中でも悪用出来るほどのトーク力がある人という点ですね。

正直言い方は悪いですが、島田紳助さんが悪い事をしようと思ったら、おそらく何百億とか下手したら、何千億とか騙そうと思えば出来てしまいそうな気がします。

もちろん、そんな事は絶対にやらないでしょうけど、トーク力のある芸人さんなら、いくらでもお金を稼ぐことが可能と言えます。

ガーシーも、自身で言っていますが、ただ暴露だけの人だったら、ここまでのチャンネル登録者数にはなっていないわけです。トークが面白いからこそ、アンチやファン関係なく、人もお金も集まってくるわけです。

芸人にちょくちょくろくでもない奴が混ざっている理由

そういった意味で言えば、オリエンタルラジオの中田敦彦さんやキングコングの西野亮廣さんなどもそうだと思います。

トーク力と知名度を活かして、彼らのオンラインサロンでは、かなりの人が集まり人気を博しています。

もちろん、これが別にどうのとか言うわけではないですが、以前記事にした岡田斗司夫さんが彼らがやっているオンラインサロンに普通の人が入っても、難易度が高すぎて稼げないという話。

そして、それはオンラインサロンを開設している彼らも分かってやっていると言っていました。

また芸人ではないですが、メンタリストのDaigoさんなどもある意味では、共通の敵みたいな項目を作ってそこに賛同したファン層を取り込んでいくというビジネスモデルを展開していたりします。

これらの方は、当然詐欺でも騙しでも何でもない合法な事で、何も悪い事ではないのですが、トーク力を駆使して上手く誘導することさえ出来れば、1%の真実を100%に変えて人に信じ込ませることが出来るわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする