ガーシー砲VS文春砲!沖縄を巡る攻防!ネタ元バラされ記者涙目か?

ガーシーがついに沖縄で週刊文春に撮られた件について、自身のYoutubeチャンネルにて事の真相を語った。今回の暴露はある意味で、週刊文春にネタにされた分のやり返しと言った側面もあり、かなり見ごたえのある動画となりました。

ガーシー砲VS文春砲!ネタ元バラされ記者涙目か?

やられたらやり返す倍返しだ!の半沢直樹ではないですが、今やガーシーの専売特許になりつつある自分を無視したり、恩を仇で返す人たちには容赦しない!

今回そのターゲットになったのは、紛れもなく週刊文春。

あの芸能人たちも、恐れ一線を引く文春砲!近年では、文春に暴かれたらもう終わりくらいの勢いのある週刊誌である。

そんな文春を相手に暴露をする男がいる。その男こそ、今注目の芸能人暴露Youtuberガーシーこと東谷義和氏だ。

週刊文春には、一般人なのに実名まで出そうとされた経緯があるらしく、ガーシーも若干根に持っている部分はあったのかもしれません。

今何も失うものがないガーシーは、ひょっとすると週刊誌側も恐れているかもしれません。特に今回はネタ元をうっかり誰かに話してしまった記者は、会社で今頃上の人に怒られているかもしれませんね。

ガーシー砲VS文春砲!週刊誌にとってネタ元は命

何と言っても週刊誌にとって、自社でのネタ探しも重要ですが、やはり大きなネタになればなるほど、ネタをリークつまり提供してくれる人物は貴重な存在。

だからこそ、ネタ元の人物は絶対明かしてはいけないし、当然バレてもいけないのだと思います。

なぜなら、簡単にネタ元が分かってしまうようなら、リークした人物にとってはハイリスクしかないわけで、ある意味では社会的地位や信用までもが失われかねない。

そんなハイリスクを取ってまでリークする人は、中々いないでしょう。そうなれば、週刊誌も良い情報を得ることが難しくなってきます。

信用してもらえないわけですからね。そして、真実とは違う情報ばかりを記事にしてしまう。すると、購読者も減る。つまりは悪循環に陥る可能性が高い。

ところが今回とある俳優さんから、ガーシーはネタ元の人物が誰であるか分かってしまった。これは、完全に文春のミスであり、100万人とも言える視聴者の目にさらされてしまったのである。

ガーシー砲VS文春砲!ガーシー暴露で文春の信頼度低下

これまで文春にネタを送っていた人たちは、おそらく今回の動画を見てしまったら、今後ネタをリークするのを迷う人も出て来るのではないでしょうか。

もしそれがガーシーの耳に入ってしまったらと考えたら、余計怖いですよね。

今後ガーシーに文春がどのような立ち位置で関わって来るのか注目したいところです。

それにしても、今回の動画で山田孝之さんが可哀想だなと感じました。お店でご飯を食べて、サインまでしてあげたのに、合意なく黙って写真は撮られた上に、マスコミにも情報を流すとかお金欲しさに良くしてくれた芸能人を売るというのは、本当どうなのかなと思いました。

もし、お店の名前が分かったら、芸能人はもちろん他のお客さんも行かなくなるでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする