勝村政信の嫁は岩手出身のモデル(画像あり)別居理由は性格の問題か

今ネット上で騒がれている俳優の勝村政信さんですが、今回は嫁さんがどういう方なのかを調べてみました。岩手県出身のモデルさんということで、お綺麗な方のようです。子供さんもいらっしゃるようですが、現在は別居中との事。お互いの性格などはどうなのでしょう。

勝村政信さんの嫁は岩手県出身でモデル!


俳優の勝村政信さんは、1963年生まれ埼玉県蕨市出身。映画やドラマではわき役として登場するシーンが多く、長きにわたり活躍している俳優さんです。

そして、気になるのは勝村さんの嫁です。嫁のえみ子さんとは、1992年に結婚したとのことで勝村さんが20代後半の頃だったようです。

結婚前後は、勝村さんがまだ俳優としてTVに出る事が少なかったため、かなり生活も苦労があったと思います。そんな中でも、えみ子さんは勝村さんを支えてくれていたようです。

勝村政信さんの嫁は、東日本大震災を経験?陸前高田市。

(画像の真ん中の女性が奥様のえみ子さんです。)

まさに旦那を陰から支える立派な奥様という感じがしますね。えみ子さんも勝村さんと同じ1963年生まれで岩手県陸前高田市出身とのこと。

陸前高田市と言えば、東日本大震災でかなりの被害に遭われた地域です。また演歌歌手の千昌夫さんの出身地でもあります。また岩手県と言えば、つい最近までコロナ感染者が0として有名になった県でもありました。

もし、ご両親とかが住んでいたのであれば、心配だったでしょうね。

まあそれはさておき、えみ子さんは現在モデルの他にもかなりの肩書を持った女性のようです。大手レストラン事業会社社長秘書、芸能プロダクションマネージャー、キャスティングディレクターなど幅広く活躍しているそうです。

また今は外国の方のために、日本語教師という仕事もされているのだとか、まさに仕事のできるキャリアウーマンって感じですよね。毎日が充実していて忙しそうです。

勝村政信さんと嫁えみ子さん出会いのきっかけは?

画像引用元https://entame-line.biz/

勝村政信さんとえみ子さんが出会ったきっかけは、友人の紹介だそうです。ところがそんな勝村さんえみ子さんと会う前は、あまり興味がなかったらしく、自分に紹介してもらわなくても良いと思ってたようです。

ところが、いざ友人から紹介されて会って見たら、即一目惚れ。いきなり一緒に住み始めたのだそうです。結構強引な方なんですね。勝村さん。でも、そんなところにもえみ子さんは惹かれたのかもしれません。

そこから、僅か交際4か月で入籍。勢いが凄いですよね。余程相思相愛だったのでしょう。

そして、二人の間には娘さんが生まれたとの事です。現在は23歳くらいとの事。名前は桜に音と書いて、「おと」と呼ぶそうです。珍しい読みですよね。

その桜音さんがカワイイと評判らしいです。

勝村さんも娘の前では、常にご機嫌なのだとか。余程カワイイのでしょう。

勝村政信と嫁えみ子さんの別居理由は?


現在お二人は別居中とのこと。ですが、決して離婚も視野に入っているといったような仲が悪くての別居というわけではないそうです。

おそらく二人とも仕事で多忙な上に、勝村さんは俳優、えみ子さんは芸能マネージャーだったり、いろんな経験や仕事を重ねてきた事でどうしても二人一緒に住むと、意見の食い違いで口論とかになるのかもしれないですね。

あくまでも推測ですが、これまで2010年そして2014年と別居をしたようなので、意見の対立のようなことがしばしば起こった可能性は高いでしょう。

その価値観のズレみたいなもので、お互いの仲がどんどん悪くなるのも嫌だし、むしろ別居して昔の恋人の時のようにいつも新鮮でいられる方が良いと思っての判断ではないでしょうか。

ですので、もしまた一緒に住む事があるとしたら、その時はどちらかが仕事をセーブするか辞めるかといった感じなのかもしれません。

娘の桜音さんも、父と母が揉めるのは見たくないでしょうから、今がベストなのかもしれませんね。

勝村政信さんは性格が良い?悪い?

勝村政信さんは、大物演出家の蜷川幸雄さんから性格についてハッキリとどういう人物なのか言われています。詳細は下記にて。

勝村政信は性格が悪い?演出家蜷川幸雄が7年も無視?親友は金山一彦

勝村政信さん三浦春馬さんをあだ名で呼んでたのは本当?

勝村さんと三浦さんの真実を知るのは共演者。今回の問題について家族は?

勝村政信、嫁、娘そして共演者も困惑。事務所も事態収拾に乗り出す。

まとめ

勝村さんの嫁のえみ子さんはモデル兼芸能マネージャー、日本語教師、その他色々と仕事のできるキャリアウーマンだった。娘の桜音さんがカワイイ。

勝村さんとえみ子さんの別居理由は、お互いの幸せのため。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする