マスク転売規制、来月にも廃止に疑問の声。コロナ感染拡大の今なぜ?

マスク転売規制廃止へ来月にも!

画像引用元http://blog.livedoor.jp

政府は、現状においてマスクの品薄が改善された事から

来月にもマスク転売規制を廃止する方針を固めた模様。

マスク転売規制においては、新型コロナウィルスが

日本でも騒がれ始めた1月~2月辺りに、これを好機と

見た一部の業者や個人によるマスク買い占めがありました。

そして、買い占めたマスクを買値の何倍何十倍の高値で

売るといった転売商法が横行したため、政府がそれらを

規制する目的で定めた法律でした。

しかし、7月下旬の現在、規制の甲斐もあってかマスクの

生産と供給が安定した事で、コロナ前に近いくらいの価格で

マスクが買えるようになっています。

さらに大手企業も相次いでマスク生産を始めている事から

今後も安定して、消費者にマスクを提供できる土台が

出来ていると言えます。

そういった事を含めて、今回政府もマスク転売規制を撤廃する

方向性に傾いたものと思われます。

マスク転売規制廃止は、時期尚早!?

画像引用元https://mainichi.jp

安定して提供できる環境にあるマスクではありますが、

未だコロナは沈静化の方向には向かってません。

いや、むしろ全国的に広がりつつある状況と言えます。

そういった現状を考えますと、マスク転売規制の廃止は

まだ時期尚早ではという意見が多数を占めています。

規制を廃止する事で、これまで抑止力として働いていた

ものが無くなれば、また同じような事例が起きる事を

懸念する声があるのも頷けます。

またマスクの需要は、国内だけでなく世界でも必要と

しているものでもありますから、転売規制に関しては

来月にも廃止という方針は、一旦見合わせて一般の人の

声を取り入れる必要もあるように思えます。

水際で防ぐと言った意味合いでも、マスク転売規制は

まさに正解と言える法律でした。

せめてコロナが沈静化するまでは、廃止の方針は

ちょっと待って欲しい所です。

マスク転売規制廃止に対する声。

画像引用元https://seniorguide.jp/

1、マスク転売規制が廃止された途端、店頭から

マスクが無くなりそう。

2、また転売する人が現れそう。

3、感染が広がっていて、これから品薄になるかも

しれないので、まだ廃止にはしないで欲しい。

4、歴史は繰り返すと言うが、また同じような事が

起きたら、政府はどう対応するのだろう?

5、やっぱり心配です。

6、マスク転売規制を廃止してもいいけど、新たに全ての

物への転売規制の法律を作るなら歓迎。

など他にも沢山の廃止に関しては、消極的な声が

上がっているようです。

やはり、現状は不安の方が大きいですからね。

今やマスクは、生活する上で絶対に欠かせないアイテムです。

おそらくこれだけの声があれば、すぐに廃止とはいかないのでは

と個人的には考えています。

出来るだけ皆が、安心して暮らせる環境へと、

早く戻って欲しいと願うばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする