楽天の松井裕樹投手は、ヤクルト現役時代の石井一久GMに似ている。

楽天、松井裕樹投手2020年より先発へ転向!

画像引用元https://shittoku.ne

松井裕樹投手と言えば、2015年より本格的に

楽天のクローザー(抑え投手)として、活躍。

持ち前のハートの強さと気迫を全面に押し出す

ピッチングが功を奏し、2018年を除けば

毎年30以上のセーブ記録を達成してきました。

昨年の2019年は、楽天史上初の38セーブを

樹立し、名実ともにクローザーとしての地位を

確固たるものとしました。

ところが松井裕樹投手の胸中は、いつも複雑な思い

だったようです。なぜならば、本人が希望するのは

先発投手だったからです。

そして、2020年の今年、これまでのクローザーの地位を

バッサリ捨て、先発投手へ転向しました。

本当に先発投手として、マウンドに立ちたかったのでしょうね。

松井投手の先発好走を許した楽天首脳陣の立役者とは?

画像引用元https://www.azfinsoft.com/

おそらくではありますが、楽天の首脳陣も当初は

松井投手の先発構想に首をなかなか縦に振らなかった

のではないでしょうか。

何と言っても、これだけのクローザーを失うのは

やはり勿体ないですからね。

確かに先発投手も欲しい楽天ではありますが、その分の

補給も今年は出来ています。

それでも、松井裕樹投手の先発への意欲を買った人物。

それは、やはり石井一久GMではないでしょうか。

松井投手のピッチング姿勢に、現役時代の自分

の姿が重なったのではないかと思うのです。

松井裕樹と石井一久の投手スタイルは似ている!

松井裕樹投手は、現役時代の石井一久投手と

凄く似ているように感じます。

松井投手の力で押すその投球は、俗にいう荒れ球と

言われていて、バッターからすれば、球種もコースも

読みにくい傾向があります。

そして、石井投手も現役特にヤクルト時代は、荒れ球

で球の伸びも凄いため、打者が打ちにくそうな印象が

ありました。

この点は両者とも似ているような気がします。

また球種においても、スライダーが良く似ていて

速球に関しても、同じくらいのスピードボールを

投げています。

ですが、荒れ球の分、制球力という面に関して言えば

どちらもコントロールに不安があり、四球に注意する

必要があります。

松井裕樹と石井一久の異なる点。

画像引用元https://shittoku.ne

ただ松井投手と石井投手の異なる点もあります。

それは、性格です。

松井投手は、バッターに対してどちらかと

言えば、感情を表にだして向かっていく

ピッチング姿勢。

かたや、石井投手は、常にポーカーフェイス

で、感情を内に込めて投げるタイプの

ピッチャーでした。

この点は、かなり違いますね。

そして、ここが大きな点なのですが、ヤクルト時代

石井投手の女房役と言える名キャッチャーが

いました。

いわゆる野村野球の申し子とも言える

古田敦也捕手。

古田捕手の巧みなリードで、石井投手の良さを

かなり引き出していた印象もあります。

この点は、まあ正直歴代でも5本の指に入る

キャッチャーですからね。

流石に松井投手的には羨ましいとなるかもしれません。

そういった点を含めると、石井GMも松井投手の気持ちが

分かる面もあるのではないでしょうか。

いずれにしても、松井投手が先発として活躍できる日を

楽しみに待っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする