台風5号たまご2020チャンミーが関東へ上陸するのはお盆頃か?

台風5号が発生したら気になるのは進路。

2020年8月7日(金)

フィリピンの東海上で大きな雲が発生し、この付近で同日午前9時頃

台風のたまごと言える熱帯低気圧が発生した模様。

熱帯低気圧は、今後少しずつ北上を続けながら、発達する可能性が

高く、8月9日、日曜日午前9時の予想天気図では、998ヘクトパスカル

の台風になると見られています。

もし、発生すれば台風5号となりますが、まだ

台風になると決まった訳ではありません。

ですが、熱帯低気圧が台風5号へと変わった場合、やはり

気になるのは今後の進路ではないでしょうか。

台風5号が仮に発生した場合、最短でもっとも影響を

受けるのは、やはり沖縄です。

台風5号となれば、おそらく8月10日前後には沖縄に

上陸するとの見方があり、そこから徐々に北上となります。

台風5号チャンミーの関東接近はお盆頃か?

まだ台風となっている訳ではありませんので、不確定な話で、

台風のスピードもはっきりと予測できる訳ではありませんが

沖縄が10日前後とするならば、九州にはそこから1日前後で上陸。

そうなれば、西日本東日本と進んで来る可能性は高く、関東付近に

来るのは、おそらくお盆の8月12~13日頃になるのではと推測

されます。

ちなみに台風5号はチャンミーと言うらしく、チャンミーの意味は

韓国語でバラというそうです。

出来る事なら、台風にならないことを祈りたいですが、なって

しまった場合は、バラのトゲのように注意が必要でしょう。

近年は、災害の規模が大きい。台風5号にも注意。

近年は、全国各地で様々な災害が起こり、それも

規模が大きいと言えます。

近い所では、7月末に東北を中心とした大雨が発生。

山形県では、50年に一度と言われるレベルの降水量を

記録したり、本当に災害の発生率が増加しています。

また昨年で言えば、台風19号による影響で

各地に多大なる被害が発生しました。

今年はコロナで皆が苦境に立たされていますが、さらに

台風などで大きな災害が起こらないことを望みます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする