渡部篤郎舞台挨拶上で東君と連呼。ガーシーファンに取り囲まれ逃走w

ガーシーchにて、ガーシーと渡部篤郎さんの超面白いエピソードが語られた。渡部篤郎さんが映画試写会の舞台挨拶のため、大阪にやってきた時に事件は起こりました。当時、渡部さんと付き合いのあったガーシーは渡部さんをもてなしたのですが、その事がまさか渡部ファンに取り囲まれる事態に発展するとはw

渡部篤郎舞台挨拶上で名前連呼。東君(ガーシー挙手)


ガーシーこと東谷義和氏が、自身のYoutubeチャンネル内で、またまた芸能人との面白いエピソードを語りました。

この日のガーシーは、いつもと何だか雰囲気が違う様子。少し険しさのある表情から、色々と揺らぐ自分の気持ちがあったことを吐露サーモン久保田あっ、違うか。

すみません、ちょっと言ってみたくなっただけなので続けます。

今後のYoutubeについて、もう揺らぐことのない決意を発表しました。そこからTKO木下さんや海老蔵さんと繋がりの深いとされる人物などの事を色々と語っていくうちに、段々といつものガーシーへと戻っていました。

そして、今回記事に上げた有名人気俳優である、渡部篤郎さんとの面白エピソードについて語り始めました。

何でも渡部さんが、、うーん、渡部さんと言うと、違う方の渡部さんもいてガーシーもどちらとも繋がりがあり、ややこしくなるので篤郎さんにしておきます。

それで、篤郎さんが映画の舞台挨拶(試写会)のため、大阪に来たようなのですが、その時にもてなしたのがガーシーでした。女性にアテンドまでしたのかは語りませんでしたが、そこは何となく察しましょうw

とにかくそこで美味しいご飯に行ったり、ガーシーが当時経営していた韓国の芸能人のグッズなどを取り扱っているショップ(K-popのお店)に篤郎さんを連れていき、グッズをプレゼントしたりしたそうです。

篤郎さんとかなり深い関係だったと思えたのは、ガーシーのお店で欲しいグッズなどを見つけた時にコレもらっていい?とあっさり言えるくらいの中だったという事。

ところがこの事が、まさかガーシーにとってはある意味で災難となってしまったのです。

渡部篤郎舞台挨拶上で東君。ガーシーファンに取り囲まれ


さて篤郎さんをもてなした後の翌日、篤郎さんから映画の試写会チケットを二枚もらい、当時ガーシーのお店で働いていた女性店員と一緒に二人で試写会に訪れたガーシー。

そこで悲劇はおきましたw色々な役者さんがいたのだとは思いますが、司会の方が篤郎さんに色々と質問をしていた時、前日の大阪での夜の事を聞かれ、誰と一緒にいたとか何とかそんなような話になったようです。

すると、篤郎さんは突然ひがし君ひがし君とガーシーの名前を連呼。ガーシーは、流石に無視できないと思い、手をあげてしまったそうです。篤郎さんは、ガーシーを見ると彼のお店凄く良いから皆行ってあげてねと宣伝。

ところがこの日の映画試写会に来ていたのは、大勢の渡部篤郎ファン。ガーシーは手をあげて目立ってしまったものだから、もう大変です。篤郎ファンに取り囲まれ、篤郎さんの知り合いですか?とか色々聞かれまくり、中には篤郎さんに私からとプレゼントを渡して欲しいなどと言われる始末。

そんな状況になり、とてもその場所に居られる状態ではなくなったガーシーは、逃走を開始。何とかタクシーに乗り込んで逃げ切る事が出来た模様。

篤郎さん面白すぎでしょw

渡部篤郎が舞台でガーシー連呼w映画のタイトルは何?

ちなみにガーシーは、篤郎さんとは篤郎さんが結婚した後からは、もう会っていないと言っていたので、2016年以降は会ってないようですね。

また映画の舞台挨拶の時期ですが、日本でK-popが全盛期の頃で、特に東方神起が凄かった時と言っていたので、おそらく2010年以前か前後ではないかと思われます。

そして、渡部篤郎さんが出演された映画と考えた時、篤郎ファンから取り囲まれたとガーシーが言うくらいなので、おそらく渡部篤郎さんが主役ではないだろうかと考えられます。

そう考えると、2010年に公開された「コトバのない冬」ではないかと思われます。この作品は、渡部篤郎さんが主役であり、尚且つ初監督も務めている映画です。

私個人としては、まずこの映画が本線ではないかと思っています。なぜなら、舞台挨拶で他に主役級の役者さんや他大勢の役者さんがいたとして、そこで会場に向かってひがし君とは、なかなか言えないのではないかと思われます。

篤郎さんが監督だったからこそ、ちょっとジョークというか面白いトークが出来たのではないでしょうか。まあガーシーはめっちゃ焦ったようですけどねw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする