山Pは橋本涼、作間龍斗、手越祐也、山口達也、小出恵介とは訳が違う。

アソビシステムとジャニーズが早期解決へ動き出す!

 
マリア愛子さんと山下智久さんの一連の報道を受けて
既に水面下で事務所同士が動き出していることでしょう。
 
何と言っても、今回はお互いが芸能事務所へ所属している身で
あり、これまで品行方正の山Pが大きく報道されることとなった問題。
 
特にジャニーズ事務所としては、出来得る限り、傷を小さくして
今回の問題をおさめたいところ。
 
幸いにして、今回はお相手のマリア愛子さんがジャニーズ事務所とも
縁のあるアソビシステムに所属していることは、ある意味問題を収めやすく
出来る可能性は高いと言えます。
 
アソビシステムには、音楽プロデューサーの中田ヤスタカさんがおり、
過去にはSMAPを初め、多くのジャニーズ事務所のアイドルに曲を
提供しています。
 
そして、今渦中にいる山Pにも楽曲を提供しています。
 
その事からも、お互い知らない事務所同士ではないので、双方の
顧問弁護士を立てて入念な話し合いが出来るのではないかと見ています。
 
また山Pと言えば、これまで大きなスキャンダルもなく、順調に
人気アイドル路線をひた走ってきた人物。
 
これまで、ジャニーズ事務所でも自粛や退所となるアイドル達の中では
一部素行に問題があったのではとささやかれていた人もおり、もちろん
あくまで噂には過ぎないのですが、火のない所にはとも言いますから
そういった人と比べると山Pは違うと言えます。
 
つまり、事務所的に守り切れるか守り切れないかと言った形で言えば、
今後の山Pの行動を考えれば、守り切れるという方向で話は進むのでは
ないでしょうか。
 
もちろん、会食したという事実は間違いないわけで、しばらくの
自粛はあるかもしれませんが、事務所として大きな処分とは
ならないのではないでしょうか。
 

アソビシステムはマリア愛子さんを守り切れるか。

 
変わってもう一つの問題は、マリア愛子さん。
 
今回の報道を受けて、所属事務所のアソビシステムが
マリア愛子さんをどこまで守り切れるかです。
 
やはり、事務所の力関係としては、圧倒的にジャニーズ事務所が
これまでの年月を考えても上です。
 
ということは、アソビシステムが今後もジャニーズ事務所と
円満に仕事を進めるためには、ある程度折れる部分が必要と
なるでしょう。
 
そうなると、マリア愛子さんの今後の芸能活動では、やっぱり
ジャニーズ事務所と関わる仕事は、なかなか出来なくなることが
懸念されます。
 
また芸能活動においても、当面は自粛しなければいけないでしょう。
 
何と言っても、山Pの知名度は半端ないですからね。
 
山Pと亀梨和也、一か月程度は自粛か?
 
会食の事実はあるだけに、多少の自粛はやむ得ないでしょう。
 
ですが、その後はあくまで想像の中でしかなく
事務所の話合いが上手くまとまれば、一連の報道も
少しずつ縮小していくはずです。
 
ネット上は、しばらく慌ただしいかもしれませんが
まあ1か月もすれば、その間に今度は別の話題が出てきますからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする