砂糖小麦断ちは果たして効果があるのか?実践!うつや倦怠感は治る?

当分の間は糖分はとらない!!なんてギャグを言いながらも、結構真面目に砂糖小麦断ちを実践してみることにした。果たして身体にどのような効果があるのだろうか?長年のうつや倦怠感は治るのだろうか?とにかくやってみる!

砂糖小麦断ち!効果を期待して実践!うつは治る?

ある日突然、ピピピと直感がやってきた。それは、砂糖と小麦を辞めるという事。砂糖と小麦を断てば、今の自分の世界観や価値観が大きく変わる。

なぜかそんなお告げのような心の声が聞こえてきたような気がして、実践してみることにした。非常に怪しい話をしてしまっている事は、十分理解しているのですが、思ったらやってみる!それしかない。

重度のうつではないのですが、若干のうつである事は自覚していて、時折辛い感じになってしまう時もあり、これが倦怠感なのか何なのかは良く分からない。

しかし、改善出来るものなら、是非改善したいと思っているモヤモヤのうちの一つ。

こうして私は砂糖小麦断ちを始める事にした。だが、今までほぼ毎日のようにとっていた砂糖を辞めるのは、なかなか厳しいことがはっきり分かった。

一方小麦に関しては、それほど苦ではないように感じている。もちろん、それは砂糖と比べてという意味でなのかもしれないが、今のところはあまり小麦を断ったことで何らかの影響は感じていない。

砂糖小麦断ち1日目

これまでほぼ毎日甘いカフェオレを飲んでいて、500mペットボトルのカフェオレを多い時は4.5本飲んでいました。なぜそのような事をしていたかと言いますと、カフェオレを飲むと、とてつもない高揚感がやってきて、どんな状況でもなんてこの世界は素晴らしいのだろう。

何でこんなに私は幸せなんだろうと天にも上る気持ちにさせてくれた飲み物だったからです。

だからこそ身体にとって良いものではないと気が付くまで時間が掛かりました。そして、私はこのカフェオレと決別することにしたのです。

最初の1日目、私は1日くらいなら余裕で大丈夫だと高をくくっていました。ところが1日辞めただけで、物凄い倦怠感と不快感の時間を繰り返すことになったのです。

何だろう?この感覚は、とにかく苦しい。何もしていないのに気持ちも安定しないし、全くやる気も沸いてこない。だるい。

砂糖小麦断ちの1日目から継続できるか不安しかない状態に追い詰められました。

砂糖小麦断ち2日目

私はもしかすると、重度の砂糖依存に陥っていたのかもしれません。夜目が目覚めて、私は全く感覚のないまま、冷蔵庫を開けて砂糖系の食べ物が無いか探していました。

しかし、幸いなことに私は砂糖断ちをすると決めてから、自宅から砂糖系の食べ物をすべて排除していました。ハッと意識が戻ってきた私は、なぜ冷蔵庫に顔を近づけていたのだろうと驚いたくらいです。

とにかく水を腹一杯飲んで気持ちを紛らわせました。相変わらず気持ちの乱高下が激しく、身体も倦怠感が続いています。

きっと脳が砂糖をとれ、砂糖をとれと言っているのでしょう。おそらく今砂糖をとれば、気持ちの上下も収まるでしょうし、倦怠感も無くなるのは何となく分かっています。

ですが、ここで砂糖を摂取してしまえば、また同じ日々の繰り返しです。もはや今は寝る。その選択肢で脳を黙らせるしかありませんでした。

砂糖小麦断ち3日目

朝起きると、8時間以上の睡眠も虚しく、まだ身体のダルさが全然取れていない。何なんだ?このダルビッシュ有は、、、違うか(笑)

いやでも、ホントマジで倦怠感がヤバイ。寝ても寝ても全然疲れが取れないような感覚。ネットでポチポチと調べてみると、おそらくですが、低血糖になっている模様。

そりゃあそうだ。これまで毎日甘い物を欠かさずとってきた私にとって、3日も甘い物やら小麦やらを全て断っているのだから、脳が異常を感じて早くとれとれと言ってきても不思議ではない。

でも、砂糖の誘惑には負けない。

砂糖小麦断ち4日目

4日目にしてようやく、いくらか身体のダルさがマシになってきた。ただいつものようには身体に力が入らないような状態。疲れやすさも変わらず、砂糖漬けの日々の代償を感じている。

もしかして、ここまで離脱症状があるということは、実は糖尿病予備軍だったのではないかと推測してしまうレベル。

うーん、知人や友人、またネット内でもここまで苦しい離脱症状があるとは書いてなかったので、ちょっとサプライズすぎるキツさだ。

まだまだ油断できない状況。とりあえず玄米と焼き魚とみそ汁で空腹を誤魔化す。まあ思ったほど食欲が上がらない点は良い。

砂糖小麦断ち5日目

だんだんと良くなっていくと考えていた私が甘かった。砂糖よりも甘かったwまたとてつもない気だるさがやってきた。これは立っていられないレベル。グラングランと脳が揺れる。

幸いこの日は仕事が休みだったので、ほぼ家でゴロゴロしていた。何もする気になれないレベルのダルさ。

もし自宅に甘い物があったら食べるのを我慢できなかった可能性もある。

とりあえずキュウリにみそをつけてひたすらかじっていたw

砂糖小麦断ち6日目

うーん、おっ!!今日は何か調子がいい。爽やかな朝を迎えた。目覚めも良く、脳もクリアな感じでここ5日間を考えれば、快調レベル。

何かが変わった感は、まだないものの、とりあえずあのダルさから解放されただけでもよしとしよう。

ただ疲れやすさは相変わらず続いている。ちょっと動いただけで疲労がたまる感じがある。それでも、だいぶ良くはなってきている。

砂糖小麦断ち7日目

今日も朝は調子が良い。目覚めも良いし、身体もまずまずの状態。あっそういえば、手の震えが止まっている。

以前は何か小刻みに震える手の感覚があったのに、無くなっている。不思議だ。

ただ身体の調子が乱高下している。良くなったり、一気に不調になったりする。今私は身体の謎に触れている感じがする。

砂糖小麦断ち8日目

身体は相変わらず疲れやすいものの、そういえばメンタル面での上下はあまりなくなった。つまり感情の起伏があまりなくなった。

うつ状態というのが緩和された感じがする。まだ気のせいかもしれないけど、このまま続行する。

ウォーキングを始めてみた。20分くらい。。体重は2キロくらい痩せた。

砂糖小麦断ち9日目

身体の変化は体重が少し減っただけで、相変わらずたまにだるさを感じる。コレ早く良くならないかな。

砂糖は時々欲しくなるけど、最初の3日と比べたら全然で、以前ほど食べたい欲求が強くなくなった。これは良い兆候。

脳の動きはだいぶ良くなってきている。普通に面倒なことも考えれるレベルにはなってきた。

砂糖小麦断ち10日目

ようやく離脱症状的な感じが無くなってきました。まだ時折身体のダルさはやってくるものの、かなりマシになってきた事は確か。

やっとか~という気持ちです。とりあえず砂糖と小麦を取らなくてもある程度元気な状態はキープ出来るようになりました。

何とかスタート地点に立った感じがします。問題はここから、ここからどんな効果がやってくるのかですね。このまま引き続き日記的なことを付けていきたいと思います。

砂糖小麦断ち11日目

砂糖と小麦を断ったせいか、最近物欲的な興味が少し薄れてきた感じがします。なぜか断捨離をしたくなり、いらない物を捨てようという気持ちになってきました。

これはもう仙人に近づいているのかなwそんなことはないですね。

まあそれはともかく職場で今砂糖と小麦を断っている話をしたら、突然同僚から大好物だったケーキとコーラをいただきました。私を試そうとしているのでしょうか。。。

いやーホント美味しそう。目の前に大好物を差し出されて待てをされているワンチャンのような気分です。

しかし、私の心は揺るぎません。笑顔でケーキとコーラを受け取りながらも、その全てを別の人へと横流ししました。まあそれでも、飲食店とかに仲間と行ったり、何かどうしても食べざるを得ない時は食べますけど、必要以外では出来るだけ口にしない予定です。予定は未定とも言いますが、まあ意志は固いです。

体調はかなり良くなってきました。身体も幾分軽くなってきています。この調子で継続あるのみ。

砂糖小麦断ち12日目

今日はかなり調子が良い。砂糖小麦断ちをしてから今までで一番良いかな。身体のだるさが抜けて、頭もクリアな感じ。

離脱症状から脱して、少しずつ効果が出てきたのだろうか。まだ分からないけど、これが安定して毎日続くのなら効果があった証拠なのでしょう。

砂糖小麦断ち13日目

砂糖や小麦系の食べ物を見ても何とも思わなくなった。ようやく欲求から解放されたような気がする。もちろん、まだ100%かどうかは分かりませんが、、

まあとにかくあの砂糖小麦を完全に断った数日間のダルさを考えれば、今は視界も身体もクリアな感じになっている事は確かです。

砂糖小麦断ちは、私だけでなく多くの人が実践しているようですが、色々調べても私のような極端な離脱症状があったと書いている人がネットでは見つけられなかったので、そこまでの糖質依存ではなかったのでしょう。

私の場合、かなりの糖質依存末期だったのかもしれませんね。体重の変化としては、今の所2キロくらいは落ちた感じです。しかし、それよりも大きいのは感情の浮き沈みがほとんど見られなくなった事です。

つまり、うつ状態でいる時間が大幅に減りました。あの甘いものをとった時の圧倒的な高揚感はないですが、自然な形で良い感情でいられるようになっています。

ただ一つだけ気になっているのは、便が出にくくなっている事ですかね。もう少し食物繊維を摂取した方がよさそうです。

砂糖小麦断ち14日目

非常に謎。これまでのうつ状態が無くなったというか、あの憂鬱な気持ちがやってこなくなっている。これが砂糖小麦断ちの効果?

物凄い高揚感があるわけではないけど、冷静にそれでいて不快という気持ちも起きず、ありふれた日常ではあるけれど、何だかそこに幸福を感じられている。

口に入れる食べ物が自分の人生になると言っていた人がいましたが、本当にそうなのかもしれない。自然と前向きで、これまでのようなネガティブな言葉が少なくなっている。

経過観察的日常はまだまだ続ける価値があるようだ。。などとどこかの研究生が語るような言葉をもちいて今日は終わろうと思います。

砂糖小麦断ち15日目

今日は、少しですが甘いものに対しての欲求がやってきました。最近はなかったのに、突然頭に色々な甘い物が浮かんできて、食べたいと思い始めました。

ですが、そんな欲求も砂糖小麦以外の食べ物を口にいれたら、あっさり収まりました。どうやら空腹と疲れが甘い物への衝動を駆り立てたようです。

まあ食べる気は全くありませんでしたが、まだまだ甘い物への軽い離脱症状はあるのでしょう。とりあえず起床時のモヤモヤ感がだいぶ薄らいできたような気がします。

砂糖小麦断ち16日目

特に変化はなし。甘い物への欲求も起きず、体調も安定しています。感情の波も安定。

砂糖小麦断ち17日目

あれっ?やっぱりうつが治ってる感じがする。ここ1週間くらい全く気分の浮き沈みがない。

仕事や上司からのプレッシャー的なものもあったけど、全く気にならない。ぐっすり眠れるし、勝手に悩んで落ち込んだりすることもなくなった。

これは、凄いかもしれない。

体重は極端に痩せたりはないけれど、緩やかに痩せてきている感じはする。

砂糖小麦断ち18日目

今日は特に変化なし。しいて言うなら、肌荒れしなくなったかも。あと抜け毛が減った感じもする。継続のメリットは十分感じている。

砂糖小麦断ち19日目

集中力が増したというわけではないのですが、雑な思考がだいぶ減ったイメージがあります。

出来るだけ自分にとって気持ちの良い時間を過ごそうという感覚があり、テンションが高いとか良い事があったとかいうわけではないのですが、普通にポジティブでいられる。

砂糖小麦断ちをしてから現れた気持ちなので、やはり効果はあるような気がする。ただどうしても自分を客観視した時にまだ砂糖小麦断ちのおかげと言えるかまでは良く分からない。

たぶん、他人から見て変わったとか違うと言われれば、一番分かりやすいと思うのですが、うーんどうなのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする